仕事の中にはあまり考えなくてもできるものと、よく考えないとできないものがあります。
私の時短仕事術

仕事の中にはあまり考えなくてもできるものと

仕事の中にはあまり考えなくてもできるものと、よく考えないとできないものがあります。
考えなくてもできるものは、例えばパソコンの電源を入れる、ソフトを立ち上げる時にクリックするなどです。
このようなことに時間を取られることがあるので、時短法として、考えなくてもできることを自動的に行うようにしました。
電源は自分で入れますが、その後は自動的に行なってくれるプログラムである程度のことを自動化しました。
その間に、今日のスケジュールを考えたりできます。
営業職においては、客先に回ることがあります。何も考えずに回ろうとすると、予定した数の会社を訪問できないことがあります。ここでも時短術を使います。訪問したい会社をどの順番で訪問したら効率的に行けるかを考えるのです。
距離だけでなく、交通機関の利用方法などを加味します。そうすることで、それまでの倍近く行けるようになりました。
客先に行けば、話を聞くことができます。そうすれば、商談の種を沢山拾うことができるのです。

電子メールのチェックも仕事の一つです。
今までは、会社に着いてから、前日から受信したメールのチェックをしていたので、次の仕事に移ることができませんでした。
ウェブメールで会社のメール情報を共有することにより、通勤の電車の中でチェックが出来るようになりました。
会社についた頃には内容が確認できているので、それ以外の仕事に取り掛かれます。

エステサロンでエステティシャンとして働いています

エステサロンでエステティシャンとして働いています。エステティシャンとしての仕事内容は様々で、エステメニューの施術、エステプランの提案、物販なども行うので忙しいです。
私が行っている時短仕事術は、お風呂の中でエステプランを考えることです。

仕事中は、施術を行ったりお客さんの対応で忙しいので、なかなかお客さんに提案するエステプランを考えることができません。そこで、自宅のお風呂の時間を利用して、エステプランを考えるという時短仕事術を行っているのです。
私は仕事が好きなので、家に帰ってからも仕事のことを考えるのが苦になりません。
何故、お風呂の中でお客さんのエステプランを考えるのかというと、一日の中で一番頭が冴えるからです。
自分自身もきれいになりたいという思いから、半身浴をするようにしています。その意識の中で、お客さんを綺麗にするためにどのようなエステメニューを提案すればいいのかを考えると、色々なアイデアを思い浮かべることができるのです。

私は、いつもこの方法で考え出したエステプランをお客さんに提案しています。

サイトリンク



Copyright(c) 2017 私の時短仕事術 All Rights Reserved.