仕事を効率よくこなして行くことは、とても大切です。
私の時短仕事術

仕事を効率よくこなして行くことは、とても大切です

仕事を効率よくこなして行くことは、とても大切です。
上司からの評価も上がるでしょうが、何より自分に余裕が出てくるのが最大の利点です。

長年、開発・設計の仕事をしておりますが、試験データの整理や過去のデータからの類推で威力を発揮するのが、エクセルの関数やマクロです。
効率の悪いデータ処理の例としては、膨大な紙に打ち出されたデータを、女性パートの方に何時間もかけてエクセルに入力させ、口頭でまとめ方を指示して、何度もやり直しをさせてレポートを作っていくやり方です。

私の場合は、紙に打ち出している方の所へ行って、データをUSBメモリーなどに入れてもらい、自分で編集しグラフ化していました。
グラフ化するためのデータ編集は、ほとんどマクロ化しておりました。
エクセルのファイルに、必要なマクロをコピーしてボタンを貼り付けておく、それだけで効率は上がります。同じパターンのデータ処理には、このマクロはとっても有効です。

また、自分の仕事に合わせてデータベースを作っておくのも、有効だと思います。鋼材のサイズの一覧や、電線の電気容量など、これらはJISやカタログを見れば書いてありますが、その都度異なる資料を開くのは、とっても大変です。
こんな時にも、エクセルです。
よく使うデータを、よく使う形でエクセルにまとめておくと、調べるのが早くなります。
そして、ここでも一つ時短の知恵があります。一々自分で入力するのは大変です。
こんな時は、一度インターネットで検索してみましょう。多くの場合、既に誰かが一覧にして公開してくれています。特に、サイズの規格表などは、販売サイトが必ず作っています。それを見つけてエクセルにコピペ、それだけです。


Copyright(c) 2018 私の時短仕事術 All Rights Reserved.